wifiレンタルについて分かりやすく説明すると

wifiレンタルという言葉をよく聞くようになりましたが、実際にどのような方がどのような用件でどのように利用するのかという疑問があると思いますので、wifiレンタルのそうした点に注目して分かりやすく説明したいと思います。

まず、wifiレンタルをすると何ができるのかという点ですが、簡潔にいうとPCやスマートフォンと接続してインターネットが利用できるようになります。
wifiとは無線LANのことをいい、wifiルーターと接続できる、PCスマートフォン、タブレットPCなどのwifiを受診できる機器でさえあればすべての危機で接続することができます。
次に、wifiレンタルはどのような方がどのような時に利用するのかという点ですが、
出張や引越し、海外からの一時帰国や国内旅行、または入院など、一時的にインターネット回線が必要という時にwifiのレンタルをされる方が多くおられます。

海外製のスマートフォンであっても、パソコンであってもタブレットであっても問題ありません。
日本国内の対応エリア内であれば対応が可能となっており、wifiルーターさえレンタル出来たらすぐにインターネットにつなぐことができるようになります。
通信可能エリアの範囲内でさえあれば日本中のどこであってもインターネットができるようになり、機器を選ばないため、一時帰国の際や出張の際、入院しないといけない場合に急にインターネットが必要となってしまった時に大活躍するサービスがwifiレンタルということになります。

また、wifiは世界共通規格ですから、日本国外の製品でも当然のように接続することができ、接続方法も難しいものではありません。
wifiレンタルで届けられたルーターをオンにして電波の名前を選択し、パスワードを入力するだけです。
パスワードを入力しないといけないのは初めの1回だけなので手間がかかることもありません。
どんな場合であっても急にインターネットとつながないといけない事態に陥ったらwifiレンタルというサービスがあることを覚えておくと役立つはずです。

wifiレンタル時の注意点

海外旅行などでwifiレンタルを考えている人もいるでしょうが、いくつか注意点を挙げておきましょう。
まず、当たり前のことですがレンタル品ですから、紛失したり破損したりした場合には補償金の支払いを求められます。
借り物なのだということを頭においてしっかりと管理することが必要です。

一般的にどれだけ通信しても費用は定額だと思われているケースが多いようですが、実際には容量制限がある場合もあります。

ただ、普通にメールや情報検索、写真の送信といった用途に使っているだけであればまずこの容量制限に引っ掛かるようなことはないので安心ですが、例えばオンラインゲームとか、動画の視聴など、大容量の通信が必要な使い方をするとこの制限を越える場合があります。

海外に行ってまでオンラインゲームや動画視聴に熱を上げる人も多くはないでしょうが、注意は必要です。
なお、容量制限を越えた場合には、そこからは定額での通信ではなく容量に応じた通信費がかかるようになるケースや、
通信スピードが極端に遅くなってしまうケースなどがあります。
普通はそこまで心配するようなことはありませんが、もし気になる人は事前に確認しておきましょう。

最初にも書いたとおりレンタルなのですから、実際には使っていなくても1日ごとに料金が発生することが普通です。
海外旅行に行くよりも前に借りておくとか、帰国後にもすぐには返却できないような場合は割高になってしまうかもしれません。
これを避ける方法としては、空港でレンタルし、空港で返却することです。こうすればほぼ全く無駄は発生しません。

また、動作は基本的にバッテリーです。屋外での使用を念頭に置いて作られた製品ですから、バッテリーは数時間程度は持ちますが、例えば早朝から夜遅くまで屋外でのアクティビティを楽しみたいと考えているような場合には、途中でバッテリーが切れてしまうようなことがないか確認し、必要に応じて予備バッテリーを用意しておきましょう。

wifiレンタルでネット回線を確保する

国内でも公衆無線LANサービスが充実してきており、外出先でのネット利用は当たり前になっています。
国内では、大手キャリアが提供するモバイル回線や無線LANサービスの他に、
大手キャリアからネット回線を借りて他業種の企業が回線事業を展開するケースが増加しています。
そのようなサービスは格安SIMと呼ばれており、非常に多くの多彩な企業が市場に参入してます。
しかし、国外では大手キャリアの回線を使うには国際ローミングサービスなどを使わなければいけなかったり、
海外の利用に対応していない格安SIMサービスが多数あります。
そのような場合、海外ではネット利用が出来ないと考えがちですが、
近年wifiレンタルサービスを展開している企業が増えてきており、現地のキャリアのSIMを使う事でモバイル端末をネット接続させる事が可能になっています。
wifiレンタルサービスが対応しているSIMは、サービスを提供している企業によって異なりますが、
現地の大手キャリアのSIMに対応している事が多く、現地のネット普及状況に応じた形でネット接続が出来ます。
LTEに対応している場合には高速にデータ通信が行え、
3G回線によるデータ通信でもそれなりの速度でWebサイトや検索、SNSの利用といったものが行えます。
wifiレンタルではモバイルルーターを借りる事ができ、宅配便で自宅まで端末を送ってくれますので手間がかかりません。
また返却に関しては、
帰国の時に空港の専用のカウンターで返却が出来るようになっているサービス会社がありますのでスムーズに返却が行えます。
モバイルルーターは複数の端末を同時に接続させる事が出来ますので、複数人で回線が必要になっても役立ちます。
ノートパソコンやタブレット端末にはWi-Fi機能が標準搭載されていますので、
無線LANを通してモバイルルーター経由でインターネットへの接続が行え、オンラインサービスをいつでも使えます。

海外旅行とwifiレンタル

海外旅行に行く場合は、wifiレンタルを考えてみましょう。海外においてはスマホやタブレットなどをインターネットに接続すると高額の通信費用を帰国後に請求されることもあります。通信費用が定額制となるプランに加入している人も多いでしょうが、これはあくまで日本国内だけに適用されるもので、海外からの通信の場合は定額制は適用されませんので、そのまま海外で使うと通信量に応じた費用がかかることになってしまうからです。もちろん単価も日本にいる場合とは異なります。
かといって海外でスマホやタブレットをインターネットに接続して使えないのでは便利さも半減するというか、ほとんど持っていく意味がなくなってしまうかもしれません。こんな時に便利なものがwifiレンタルです。1日あたり1000円前後の費用で、海外においてもwifiが自由に使える優れものです。当然ですが通信費用はレンタル代に含まれており、いくらインターネットに接続しても追加料金を請求されたりすることはありません。
もちろん、このような機器は屋外でこそ使いたいと思うことが多いでしょう。問題はありません。レンタル機器は十分に持ち運びができるほどの大きさ、重さですから、ホテルの室内に滞在しているときにしか使えないようなものではなく、バッグ等に入れて観光地に持って行くことができ、そこでwifiを利用することができます。電源は必要ですが、それは充電式のバッテリーで動きますから、屋外で電源コンセントなど見当たらない場所でも問題はありません。日中ずっ外出していても電源が持つくらいのバッテリー容量はありますが、ホテルの部屋に戻ってきたときには翌日に備えてコンセントから充電しておいたほうがよいでしょう。
また、1台あれば5台程度のスマホやタブレットが同時にwifiに接続できるというのも嬉しいポイントです。1台レンタルするだけで家族や友人全員が使うことができるでしょう。
wifiレンタル