wifiレンタル時の注意点

海外旅行などでwifiレンタルを考えている人もいるでしょうが、いくつか注意点を挙げておきましょう。
まず、当たり前のことですがレンタル品ですから、紛失したり破損したりした場合には補償金の支払いを求められます。
借り物なのだということを頭においてしっかりと管理することが必要です。

一般的にどれだけ通信しても費用は定額だと思われているケースが多いようですが、実際には容量制限がある場合もあります。

ただ、普通にメールや情報検索、写真の送信といった用途に使っているだけであればまずこの容量制限に引っ掛かるようなことはないので安心ですが、例えばオンラインゲームとか、動画の視聴など、大容量の通信が必要な使い方をするとこの制限を越える場合があります。

海外に行ってまでオンラインゲームや動画視聴に熱を上げる人も多くはないでしょうが、注意は必要です。
なお、容量制限を越えた場合には、そこからは定額での通信ではなく容量に応じた通信費がかかるようになるケースや、
通信スピードが極端に遅くなってしまうケースなどがあります。
普通はそこまで心配するようなことはありませんが、もし気になる人は事前に確認しておきましょう。

最初にも書いたとおりレンタルなのですから、実際には使っていなくても1日ごとに料金が発生することが普通です。
海外旅行に行くよりも前に借りておくとか、帰国後にもすぐには返却できないような場合は割高になってしまうかもしれません。
これを避ける方法としては、空港でレンタルし、空港で返却することです。こうすればほぼ全く無駄は発生しません。

また、動作は基本的にバッテリーです。屋外での使用を念頭に置いて作られた製品ですから、バッテリーは数時間程度は持ちますが、例えば早朝から夜遅くまで屋外でのアクティビティを楽しみたいと考えているような場合には、途中でバッテリーが切れてしまうようなことがないか確認し、必要に応じて予備バッテリーを用意しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です